2015年10月21日

勉強

会場を出て、なによりも先にしたのは一服です…すぐさま喫煙所に行きました
後楽園ホールの喫煙所はかなり広いので助かります
一服しながら周りを見ると、グッズを買うために並んでる人たちが多かったです…僕も記念になにか買おうかと思いましたが、グッズ売り場は狭いんですよ
結局一服だけして、外に出ました

外に出ると風は強いものの、雨はほとんど降ってませんでした
ようやく雨も上がったかと嬉しくなりましたね
傘を差さずに水道橋まで歩きます

水道橋に着くと、やはり人が多かったです…イベントの後なのでしょうがないんですけどね
僕は上野に戻るので、神田で降りてメトロを使うか、上野までそのまま乗るか迷いましたが、雨も上がってますし、上野の駅前に用があるので、今回は上野まで乗ることに

上野に着き、外に出ると、結構強い雨でした
水道橋からは大して離れてないはずなんですが、チョット場所が違うだけでこんなにも天気が変わるんですね
あっ、ちなみにこのとき上野に来たのは、ファーストキッチンに寄るためでした…ここも東京に来ると必ず寄る場所です

ただ、上野浅草口店は最近リニューアルし、Wendy's店になったようでした
ファーストキッチンのものも全て売ってるものだと思ったんですが、ハンバーガー類はほとんどWendy'sのものでした…普通のを食べたかったんですけどね
とは言えなにも買わずに店を出るのもなんですし、せっかく入ったのだから買うことにしました
このとき買ったのはウエンディーズベーコネーターとROPPONGIチーズベーコンエッグバーガーとポテトのスパイシーチーズ味でした
普段ならハンバーガーは3つは食べるんですが、ここ最近胃の調子が悪いですからね…チョット控えめにしました
少し待つとできあがったので、会計を済まし、外に出ます…その場では食べずに、持ち帰ることにしました

上野駅からだとホテルまでは7〜8分歩くことになります…さすがに雨が降る中ハンバーガーを持って歩くのもイヤですし、なによりも袋が濡れるのがイヤです…ここは上野からメトロを使うことにしました
メトロに乗り込むと、チーズの強烈なニオイが…ここまでニオイがするとは思わなかったので、恥ずかしいというか、気まずかったですね
座席は結構空いてましたが、このニオイはさすがに気が引けましたし、どうせ一駅で降りるので端のほうに立ってました…稲荷町に着くと、申し訳ない気持ちで降りました
暖かい食べ物を持ったまま電車に乗るのは控えたほうがいいですね…また一つ勉強になりました

雨の降る中、ホテルに戻ります
posted by toy at 20:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

締め

極悪軍団にそそのかされて後楽園ホール大会の締めを任せられたジミーズですが、元々マイクが得意な面々が多いですし、大会の締めはお手の物です
pro61.jpg
齋了が笑顔で締めようとしてますが、隣では負けたことがよっぽどショックだったんでしょう…ススムは終始下を向いたままでした
クネスはすでに前を向いてるようでしたけどね

そんなススムを見てリーダーの堀口は「一つ負けたくらいでそんなにくよくよするなよ…俺なんかまだ37歳でこんなに禿げてるんだぜ」と自虐ネタで必死に盛り上げようとしてました…自分で言った後泣いてましたけどね
pro62.jpg
堀口の体を張ったギャグに、落ち込んでたススムもようやく笑顔になり、みんなで堀口の頭をいじってました
さすが堀口です
僕もよく自分の頭をネタにするので、この辺も親近感を覚えます

pro63.jpg
ススムも元気になり、神田を加え、堀口がジミーズのテーマ曲である「地味にサティスファクション」を歌いながら、会場も一体になり、みんなで盛り上がります

pro64.jpg
最後にみんなで手を取り合い、会場に挨拶
さすがにジミーズは盛り上げるのが上手いです

pro65.jpg
さんざん盛り上がった後、ススムとクネスは密かに反省会…こうしてさらにタッグとしての絆が深まっていくんでしょう

これで後楽園ホール大会が全て終わりました
笑いあり、シリアスあり、ドラマあり、やっぱりドラゴンゲートはおもしろいです
マイクが長いので試合数の割には時間がかかりますが、途中で飽きることはまずありません
出来ることなら僕も毎回見に来たいです…東京に住んでる人がうらやましいですな
秋田にドラゴンゲートが来るのはいつになることやら

全試合が終わったので、僕も会場を後にします
posted by toy at 11:21| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

試合後

pro54.jpg
ジミーズの問題児、谷嵜クネスに向かって「お前が入ったからススムさんが負けたじゃねぇか」と言いました…それを見たリーダーの堀口は「もういいよ…こんなジミーズ誰も見たくないんだよ…でも俺たちはレスラーだ…こうなったら二人でシングルで戦え」と…これには谷嵜もクネスも納得してましたが、その後に谷嵜が「負けたほうがジミーズを去ることになるんだろうな」というと、堀口が「そんなことを言ってるんじゃない納得するまで戦えと言ってるんだ」と…まだしゃべろうとしたところ…

pro55.jpg
土井が「負けたヤツがなにごちゃごちゃとしゃべってんねん内輪もめは控え室でやれや」というと、新ユニットの面々も一緒になってあおってました
すると突然BGMが流れ、ディアハーツ登場
pro56.jpg
ハルクが「土井反則、乱入なんでもあり…これがお前らの戦い方かお前らみたいなのは大嫌いだ」と言うと土井は「最近話題がないからってなに無理矢理絡んできてんねん」と言うと、今度は望月が「確かに最近の話題と言ったら清水がコスチューム忘れたぐらいだな」と苦笑いしながらいいました
すると土井は笑いながら「そう言えばそんなのもあったなでっかいお荷物かかえたもんやな
これには清水がブチ切れ、土井に思いっきりタックル
pro57.jpg
いきなり攻撃を食らった土井はこの表情…さすがに突然来られると防ぎようがないですからね

pro58.jpg
清水の怒りは治まらず、Kzyが必死で抑えてました
すると望月が「清水の気が治まらないようだからよ、来月の後楽園でお前ら新ユニットと俺たちディアハーツの全面対抗戦といこうじゃねーか」というと、会場は大盛り上がり
さらに望月は「俺が言いたいのはそれだけだ…あとはお前らが勝ったんだから、今日はお前らが締めて帰れよ」と言って、ディアハーツの面々を引き連れて、さっさとリングを降りて帰って行きました

pro60.jpg
そう言われた土井は「まてまて…おい、勝手に帰ってんちゃうぞ…なんで俺らが締めなあかんねん」と多少動揺した感じのマイクでした
pro59.jpg
しかしさすがに極悪軍団が締めるわけにはいかず、今度はリング下にいたジミーズに「俺らはもう帰るからよ、お前らがこの場を締めろや」と言って、極悪軍団も帰って行きました

こういうシーンを見てると、なんだかんだ言ってもみんな仲がいいんですよね〜
こういうやりとりもドラゴンゲートの魅力です
posted by toy at 11:03| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

メインイベント

この日のメインイベントはツインゲートチャンピオン、土井成樹YAMATO対、ジミー・ススムジミー・クネスJ.K.S.のクネスカタッグによるSummer Adventure Tag League 2015の公式戦でした

クネスは元々土井YAMATOと同じユニットでしたが、解散マッチの時に裏切り、そのせいでマッドブランキーは解散することになりました…土井YAMATOのクネスに対する恨みは相当なものなので、壮絶な試合が予想されます

pro48.jpg
入場早々YAMATOとにらみ合うクネス…まさに一触即発です

pro49.jpg
マッドブランキーが解散した後も極悪軍団として活動を続ける土井YAMATOですが、実力者なので、人気はスゴイです

pro50.jpg
試合が始まり、早速クネスに照準を絞る土井YAMATO…クネスは技は切れますが、力で押されると弱い部分もあります

pro51.jpg
しかし試合巧者で組み立ても上手いので、いつの間にか逆転してることも多いです
この日も攻められてはいましたが、このように一瞬の隙を突いてセカンドロープからブレーンバスターを仕掛けてました

pro52.jpg
ススムも負けじとセカンドロープからブレーンバスターをお見舞いします

試合はまさに一進一退の攻防で、どちらが勝ってもおかしくない、いつ決まってもおかしくない展開が続きます…特に終盤は土井の得意技バカタレスライディングキック、YAMATOの得意技ギャラリア、ススムの得意技ジャンボの勝ち、クネスの得意技光の輪、どれも決め手にはならず、会場はこれ以上ないくらい盛り上がってました
ススムが何度目かわからないくらいのジャンボの勝ちを狙ったときに土井は受け止め、そのままV9クラッチを決め、終止符が打たれました
この一瞬の切り返し技があるのが土井の強みでもあります

pro53.jpg
勝った土井は新ユニットの面々をリングに上げ、「俺たちの勝利や」と叫びます
敗れたクネスカはリングの下でジミーズの面々と悔しそうにしてました
そして土井が高らかに勝利宣言をしてると突然…
posted by toy at 11:03| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

セミファイナル

この日のセミファイナルはモンスターエクスプレス対新ユニットの6人タッグでした
様々なユニットが存在するドラゴンゲートにおいて、6人タッグはドラゴンゲートを象徴する試合と言っても過言ではないでしょう

モンスターエクスプレスは吉野正人戸澤陽しゃちほこBOYの3人です
吉野はスピードモンスター、戸澤はスタミナモンスター、そしてしゃちは…
素顔がモンスターと言われてます

一方新ユニット側は鷹木信悟サイバー・コングKotokaの3人です
信悟は元モンスターエクスプレスですが、裏切って新ユニットに加入しました…現オープン・ザ・ドリームゲートチャンピオンがどこまで冷静に試合が出来るのか楽しみです
サイバーも体を見ればモンスターそのものなんですが、最近はあまり目立たないです…精神的に弱いところがあるんですよ
Kotokaは…ただ騒いでるだけなので、問題外でしょう

pro40.jpg
入場時、戸澤はこのようにコーナーポストに上がり、着てるTシャツを脱ぎ、客席に投げ入れてプレゼントします
サインを入れてから投げ入れるときもあります
たま〜にバランスを崩してコーナーポストから落下するときもありますが、今のところ大ケガをすると言うことはありません…ただ、危険なので気をつけてほしいですね
戸澤は現オープン・ザ・ブレイブゲートチャンピオンですが、このときはベルトを巻いてこなかったのが残念でした

pro41.jpg
試合開始のゴングが鳴る前に信悟に向かっていくしゃち…信悟はモンスターエクスプレスを抜ける前からしゃちには辛辣な言葉を浴びせてましたからね…しゃちも怒り心頭だったことでしょう

pro42.jpg
リング上で戦況を見つめる吉野と戸澤です

pro43.jpg
戸澤がKotokaをコーナーに追い詰め、チョップの嵐
これは戸澤の得意技の一なので、観客もチョップに合わせて音頭を取ります
戸澤は本当にいつも元気なイメージがありますね

相手は極悪軍団なので、場外乱闘もお手の物…場外に出るとセコンドについてる選手までもが手を出す始末…この日ももちろんそうでした
場外乱闘になるとどこを見ればいいのか迷いますが、僕はやはり大好きな吉野を追いかけました
その吉野は…
pro44.jpg
Kotokaとやり合ってました
何度も吉野にチョップを見舞いますが、所詮はKotoka…大して効くわけもなく…
pro45.jpg
あっさりと吉野が返り討ち
いい表情をしてますね

pro46.jpg
リングに戻り、Kotokaがトップロープから攻撃を仕掛けようとしたところ、戸澤が駆け上がり、「ブレーンバスター」のかけ声とともに、Kotokaに雪崩式ブレーンバスター
これも戸澤の得意技の一つです

pro47.jpg
終盤にはモンスターエクスプレスの連携技、ミサイルセントーンを信悟に見舞います
吉野のミサイルキックは世界一美しいと言われてますし、高さも破壊力も十分です

このように試合はモンスターエクスプレスが押してましたが、しゃちが信悟サイバーのパワーコンビに捕まって大ダメージを受け、最後はKotokaが得意技、カルデラでフォール
まあ、しゃちは強くはないですが、Kotokaに取られたというのが悔しいですね

案の定試合後は新ユニットの面々がリング上を独占し、言いたい放題…観客からはブーイングの嵐でした
posted by toy at 11:42| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

第4試合

第4試合はSummer Adventure Tag League 2015公式戦で、ドン・フジイ斎藤“ジミー"了組対CIMAGamma組です

入場時に普通はその選手のテーマが流れるんですが、このとき流れてきたのは相撲甚句…そのテーマに乗って入場してきたのは…
pro33.jpg
袴姿のフジイと斎了
この姿に観客は大盛り上がり
同時にこのタッグリーグは「スモー・フジ」「斎藤”スモー”了」とすることを発表…ちなみにスモー・フジというリングネームはドン・フジイの前リングネームなので、昔からドラゴンゲートを見てる人間には全く違和感がなく、むしろ大歓迎でした
余談ですが、フジイは本物の元力士で、現役時代は三段目まで昇格してたようです…まあ、三段目ってそんなにたいしたことはないんですけどね

pro34.jpg
一方対戦相手のCIMA&Gamma組はややあきれたというか、「やられた…」って感じの表情が印象的でしたね…この4人はそれぞれがエンターティナーですから、観客を味方に付けたほうが有利に試合を進めることが出来ますからね

pro35.jpg
着物を脱ぐと、なんとコスチュームは相撲のまわしスタイルで、さがりまで付ける徹底ぶり
齋了に至ってはまげまで結う本格的なものでした
このまげもフジイが結ったのかも

こんな姿を見てか、普通はゴングが鳴って試合が開始すると、ロックアップと言って力比べのような体勢になるんですが、この試合は…
pro36.jpg
相撲の仕切りさながらにそんきょの姿勢でした
このまま両者立ち会いとなりますが、なんとCIMAはフジイの突進を変化で交わし、そのままはたき込み
相撲じゃないのでこれで終わりではないんですが、フジイはさぞ悔しかったでしょう

pro37.jpg
中盤からは普通のプロレスの試合になり、CIMAならではの複雑怪奇な関節技が繰り出されます
CIMAの気合いの入った表情がいいですね

pro38.jpg
齋了も負けじと得意の複合関節技、「サイクリングヤッホー」を決めます
この技は齋了が「みんなで叫べ」と言うと、観客が「サイクリングヤッホー」と叫んでからかけるんですが、普通は逃げられることが多いです…決まるほうが珍しい技なので、僕はこのときはラッキーでしたね

その後試合はCIMAの歯が折れ出血するというアクシデントがありながらも両者譲らずの攻防で、とても見応えのある試合でした
元々実力者同士ですから、まともに試合をすれば本当にいい試合になります
最後は齋了の最近のフィニッシュホールド、「齋了ロケット」からのピンフォール勝ちでした

pro39.jpg
試合後CIMAは歯が折れてるせいで口を上手く動かすことが難しかったようで、マイクが聞き取りづらいところもありました
それでも最後にはエールを送ってましたけどね

この試合はお笑いと真剣勝負がMIXした、ドラゴンゲートらしい試合でした
posted by toy at 21:58| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

第3試合

第3試合はこの日唯一のシングルマッチでした
しかもT-HawkEitaと言う、元同門対決ですし、極悪軍入りしたEitaがどんなファイトを見せるのか楽しみでした

pro29.jpg
これがT-Hawkですが、ドラゴンゲートの中では体格が大きい部類に入りますし、その力を生かしたファイトスタイルですね
まだ若いですが、将来のドラゴンゲートを背負うことになると思います

pro30.jpg
力比べではやはりT-Hawkのほうに分があります

pro31.jpg
ロープブレイクしてるときですが、この後EitaはT-Hawkの頭をペチペチとやって挑発…これにはT-Hawkも怒り心頭で、強烈なチョップをお見舞いしてました
チョップもT-Hawkの得意技ですが、テレビで見てるときとは全く迫力が違います…バチーンという音とともに汗が飛び散り、本当にスゴイ迫力です

試合はT-Hawkが有利に進め、このまま行けば勝てるという状態でしたが、なんと新ユニットの面々がEitaを救出するために続々と乱入し、収拾がつかなくなり、結局ノーコンテストに…楽しみにしてた一戦だけに残念でしたね
pro32.jpg
負けるところを仲間に救われた形になったEitaはこの表情…口元を見ると「あぶね〜」と言ってました…負けたくない気持ちはわかりますが、こんな形で終わるとは
まあ、この二人はこれからもライバルになるでしょうし、今後に期待したいですね

この試合はいつもに比べて写真が少ないですが、実はこのときデジカメの電池がやばくなってたんですよ…前日にフル充電してたんですが、GFT野球博物館で撮りすぎたようです
デジカメ自体も古いので、バッテリーも古くなってるんでしょう…これからは適当に撮るのではなく、状況を判断して撮るようにしなくては
posted by toy at 23:01| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

第2試合

第2試合は…
pro23.jpg
左側、B×Bハルク&右側、Kzyの道産子タッグ
どちらも前ユニットはヒールでしたが、そのときも人気がありました
特にハルクは男から見てもカッコイイです

pro24.jpg
対する相手は、青い覆面、フラミータ&黒い覆面、ドラゴン・キッドのタッグマッチで、この試合はSummer Adventure Tag League 2015の公式戦でした
フラミータとキッドって実際は親子ぐらい年が違うんですが、プロレススタイルは一緒で、華麗な空中技を得意としてます

ハルク、Kzy、キッドは同じユニットDia.HEARTS(ディアハーツ)に所属してます…同門対決と言うことになりますが、公式戦なので、お互い手は抜かないでしょう

pro25.jpg
スリーパーでKzyを締め上げるフラミータです…フラミータと言えば跳び技ですが、元々がメキシコのプロレスなので、関節技も得意としてます

pro26.jpg
ハルクがフラミータをコーナーで抱え上げ、リングに落とし、そこにKzyがトップロープからダイブするという、タッグならではの攻撃ですね

pro27.jpg
一方こちらはマスクマンコンビの連携で、コーナーでフラミータがKzyを肩車し、その状態でキッドがウラカン・ラナを決めるという大技です
技を出す前にキッドが「盛り上がれ〜」と叫ぶのが特徴ですね

このように大技や空中技もドンドン飛び出し、展開も早く、まさに瞬き厳禁の試合です
終盤からはマスクマンコンビが優勢に試合を動かし、いつ勝ってもおかしくない状態でしたが、ず〜っと攻められっぱなしだったKzyが得意の切り返し技、スカイデ・スクールボーイが決まり、大逆転勝利
しかも同じユニットのキッドから取ったので、大金星と言ってもいいでしょう

pro28.jpg
一瞬で丸め込まれたキッドはフラミータに謝ってましたが、さすがにフラミータはなにも言えないでしょう…なにしろ大先輩ですからね
会場はさらに盛り上がり、次は第3試合です
posted by toy at 21:44| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

新ユニット

第1試合が終わった途端にリングに上がってきたのは…
pro17.jpg
マッドブランキーの極悪軍団です…その中でもマイクが一番得意であろう、土井成樹がいつものように吠えまくります

pro18.jpg
土井のマイクに合わせ、リング上で大騒ぎする新ユニットの面々…左から、KotokaYAMATOサイバー・コングEitaです

pro19.jpg
極悪軍団の土井ですが、実際は人気も実力もピカイチです
観客をあおってブーイングを受けますが、それも土井の魅力というか、会場を盛り上げるためにわざとやってますからね
みんなそれをわかってるので人気が高いんですよ
僕も好きな選手の1人です

このときに新ユニット名を発表すると思ったんですが、土井曰く、「東京が大嫌いだから、今日は発表しないなんでも東京で願いが叶うと思ったら大間違いやぞ新ユニット名は大阪で発表や」とのこと…こういうことを言うのも土井らしいですが、おそらく土井は東京が大好きだと思います

pro20.jpg
土井に続いてマイクを取ったのはKotoka…いままでず〜っとベビーフェイスでやってきたのに、いきなりのヒールターン…これには正直言って驚きましたね
土井も後ろで笑顔であおってますが、元々大して強くはないKotoka…なにを言ってもあまり説得力がなく、客席から失笑も漏れてました
それでも土井は「お前はそれでいいこれからもそれを貫け」と言ってましたけどね

pro21.jpg
新ユニットのマイクはまだまだ続きます…土井とYAMATOは現在のツインゲートチャンピオンなんですが、この日メインで戦うジミーズのススムクネスに因縁を付けるために出てきたようです

pro22.jpg
この2人は正直言ってかなり強いです…ベルトも似合ってますね
YAMATOも土井同様、かなりの人気がある選手で、僕も大好きです
こんな風貌ですが、料理が趣味と言うこともあり、女性人気もかなりのものです

試合直後の突然の乱入でしたが、会場はさらに盛り上がり
この盛り上がりの中、第2試合が始まります
posted by toy at 22:43| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

第1試合

ジミーズの対戦相手は、ビッグR清水ヨースケ♥サンタマリア望月成晃の3人です

pro10.jpg
これがビッグR清水ですが、ドラゴンゲートの中で数少ないヘビー級の体格です
まだ若く経験も少ないですが、すでにタイトルを獲得したこともありますし、体を見ればわかるようにパワーファイターです
今でも十分強いですが、経験を積んでもっともっと強くなってほしいです

pro11.jpg
左がヨースケ♥サンタマリアで、右が望月成晃です
どちらも人気がありますが、質が違うというか…マリアはオカマですが、望月はまさに男って感じですね
望月は僕と同い年ですが、この年齢でまだプロレスをやり、しかも最前線で戦ってますし、年間150試合くらいこなす体力もあります…尊敬に値しますね
まだまだ頑張ってほしいです

pro12.jpg
谷嵜とマリアが戦ってるところですが、マリアはまともな試合はしないので、普通は対戦相手が付き合っておもしろおかしい試合になるんですが、このときは谷嵜は全く付き合わず、ブーイングの嵐でした
男なんですから、女性(?)には優しくしないと

pro13.jpg
この写真だけを見ればなにをしてるのかわからないでしょうが、望月が捕まってます…そしてどうなるのかというと…
pro14.jpg
口にゴムをくわえさせられ、それを堀口がこのように2階席までゴムを持って伸ばしてます…いわゆるゴムパッチンってやつですな
ジミーズはこれをよく使うんですが、成功率は半々くらいですね…このときは成功しました

pro15.jpg
マリアが神田にキスを迫ってます…これもマリアが必ずやる行動ですね
でもマリアの跳躍力はかなりのものなので、もうこのキャラは止めて、普通に頑張ってほしいところもあります

pro16.jpg
マリアに片逆エビ固めを決めてる堀口です…なかなかいい表情をして攻めてますね
いつもそうですが、堀口の頭を見ると親近感が沸きます

試合のほうはと言うと、清水が必殺技の砲丸投げスラムを神田に決め、勝利しました
この清水の砲丸投げスラムですが、相手の首に手を当て、砲丸投げのような感じで相手を持ち上げ、そのままマットにたたきつけるという大技で、テレビで見てるときでもものすごい迫力なんですが、生で見るとさらにすごかったです
相手をたたきつけたときのあの音は本当にスゴイです
この辺からも、やはりプロレスは生で見るべきですね

で、清水の勝利で終わった第1試合ですが、その直後に…
posted by toy at 22:35| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする